「いつ、そんなことが起こるのでしょうか。、、」:弟子の質問。時はエルサレム滅亡の40年前。

戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。、、民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。、、あちこちにききんが起こり、また地震があるであろう。

、、、いちじくの木からこのたとえを学びなさい。その枝が柔らかになり、葉が出るようになると、夏の近いことがわかる。そのように、すべてこれらのことを見たならば、人の子が戸口まで近づいていると知りなさい。、、だから、あなたがたも用意をしていなさい。思いがけない時に人の子が来るからである。」:イエス・キリストの答え

この答えには、エルサレム滅亡とキリストの来臨の時のことが混ぜて描写されています。あれから2000年が経過。時のしるしは現れています。

2015年12月17日

エデンの園の悲劇 全四話 その4

Image from page 10 of Image from page 10 of "Sweet stories of God; in the language of childhood and the beautiful delineations of sacred art" (1899) / Internet Archive Book Images


エデンの園は、人類の祖先が住んだところです。しかし、神に背いたため、そこを出なければなりませんでした。

以下に、エデンの園の悲劇がよくわかる文章をご紹介します。人類の祖先が神に背いたいきさつが、心理的描写と共に小説のように描き出されています。

エデンの園の悲劇が本当に理解できたら、自分は神に背くのをやめようと思うはずです。

なぜなら、人類の祖先と現代に存在する自分は、同じだからです。その心理はアダムとエバと全く同じだと、思うのではないでしょうか。

神は、背いた二人に、いつか人類の罪を背負って死に、罪を許し再びエデンの園に入れるようにしてくださる方、イエス・キリストの出現を予告しました。

二人は、苦しみと悲しみに満ちたこの世の人生を送らなければなりませんでした。しかし、この艱難辛苦は、人類が経験することで放縦な想いを防いで、清いこころを望むために、訓練として神が与えたものでした。

神の愛と哀れみをここに見ることができます。神は背いた人類を、非情にもエデンの園から追い出したのではなく、人類の祖先が園から出なければならなかったのであり、神は哀れみをもって見守ったのです。エデンの園は、しばらくの間存在していて、アダムとその子孫たちは、その近くで神を礼拝し、もう二度と神に背くまいと誓いを新たにしたのです。

(以下の引用本文は「人類のあけぼの」EG.White著、改行や段落分け、見出しなどは記事の投稿者による。興味ある方は日本語訳原本をお読みください。人類のあけぼの上巻(EG.White著)



続きを読む

posted by signs at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 終末時代のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

エデンの園の悲劇 全四話 その3

エデンの園を出るアダムとエバ


エデンの園は、人類の祖先が住んだところです。しかし、神に背いたため、そこを出なければなりませんでした。

以下に、エデンの園の悲劇がよくわかる文章をご紹介します。人類の祖先が神に背いたいきさつが、心理的描写と共に小説のように描き出されています。

エデンの園の悲劇が本当に理解できたら、自分は神に背くのをやめようと思うはずです。

なぜなら、人類の祖先と現代に存在する自分は、同じだからです。その心理はアダムとエバと全く同じだと、思うのではないでしょうか。

神は、背いた二人に、いつか人類の罪を背負って死に、罪を許し再びエデンの園に入れるようにしてくださる方、イエス・キリストの出現を予告しました。

二人は、苦しみと悲しみに満ちたこの世の人生を送らなければなりませんでした。しかし、この艱難辛苦は、人類が経験することで放縦な想いを防いで、清いこころを望むために、訓練として神が与えたものでした。

神の愛と哀れみをここに見ることができます。神は背いた人類を、非情にもエデンの園から追い出したのではなく、人類の祖先が園から出なければならなかったのであり、神は哀れみをもって見守ったのです。エデンの園は、しばらくの間存在していて、アダムとその子孫たちはその近くで神を礼拝し、もう二度と神に背くまいと誓いを新たにしたのです。

(以下の引用本文は「人類のあけぼの」EG.White著、改行や段落分け、見出しなどは記事の投稿者による。興味ある方は日本語訳原本をお読みください。人類のあけぼの上巻(EG.White著)



続きを読む

posted by signs at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 終末時代のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

エデンの園の悲劇 全四話 その2

Image from page 12 of Image from page 12 of "Biblische geschichten" (1878) / Internet Archive Book Images


エデンの園は、人類の祖先が住んだところです。しかし、神に背いたためそこを出なければなりませんでした。

以下に、エデンの園の悲劇がよくわかる文章をご紹介します。人類の祖先が神に背いたいきさつが、心理的描写と共に小説のように描き出されています。

エデンの園の悲劇が本当に理解できたら、自分は神に背くのをやめようと思うはずです。

なぜなら、人類の祖先と現代に存在する自分は、同じだからです。その心理はアダムとエバと全く同じだと、思うのではないでしょうか。

神は、背いた二人に、いつか人類の罪を背負って死に、罪を許し再びエデンの園に入れるようにしてくださる方、イエス・キリストの出現を予告しました。

二人は、苦しみと悲しみに満ちたこの世の人生を送らなければなりませんでした。しかし、この艱難辛苦は、人類が経験することで放縦な想いを防いで、清いこころを望むために、訓練として神が与えたものでした。

神の愛と哀れみをここに見ることができます。神は背いた人類を、非情にもエデンの園から追い出したのではなく、人類の祖先が園から出なければならなかったのであり、神は哀れみをもって見守ったのです。エデンの園は、しばらくの間存在していて、アダムとその子孫たちはその近くで神を礼拝し、もう二度と神に背くまいと誓いを新たにしたのです。

(以下の引用本文は「人類のあけぼの」EG.White著、改行や段落分け、見出しなどは記事の投稿者による。興味ある方は日本語訳原本をお読みください。人類のあけぼの上巻(EG.White著)



続きを読む

posted by signs at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 終末時代のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

エデンの園の悲劇 全四話 その1

Image from page 52 of Image from page 52 of "Delightful stories; or, Home talks out of the Wonderful book.." (1888) / Internet Archive Book Images


エデンの園とは、人類の祖先が住んだところです。しかし、神に背いたためそこを出なければなりませんでした。

以下に、エデンの園の悲劇がよくわかる文章をご紹介します。人類の祖先が神に背いたいきさつが、心理的描写と共に小説のように描き出されています。

続きを読む

posted by signs at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 終末時代のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

クリスマス キリスト(救い主)誕生の預言

Annunciation 40Annunciation 40 / Waiting For The Word


クリスマス、英語ではChristmasChristすなわちキリストの文字が入っています。聖書の預言に表された、キリスト(救い主という意味)誕生を見てみましょう。


続きを読む

posted by signs at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書の預言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

戦争と戦争のうわさが聞こえてきた

WarWar / Moyan_Brenn


戦争と戦争のうわさが聞こえてきた。今まで大部分の人は、日本は平和国家だと思っていました。ところが、この度、安保法案が改定されて、自衛隊は戦争にさらされる機会が増えたと同時に、日本国民も戦争に巻き込まれる可能性が大きくなった。それで、私は、戦争と戦争のうわさが日本でも聞こえてきた、と感じたのです。

続きを読む

posted by signs at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

「世の終わりの準備をせよ」法王フランシスコは言った

Korea_Pope_Francis_Gwanghwamun_Beatification_46Korea_Pope_Francis_Gwanghwamun_Beatification_46 / KOREA.NET - Official page of the Republic of Korea


ニュースによれば2015年11月15日日曜日、法王がバチカンのサンピエトロ広場で集った人びとに語ったのは、世の終わりの準備をせよ、だった。

続きを読む

posted by signs at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ法王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

ハロウィーンに思ったこと

And cackling wildly, off she flewAnd cackling wildly, off she flew / @sage_solar


最近、急にハロウィーンが注目されて、大人も子どもも騒ぎ出した。だいぶ前のことになるが、高度成長期、私のような団塊世代が小中学生のころ、クリスマスで大騒ぎをしていた大人たちがいたように覚えている。ちょうど一昔もふたむかしも前のクリスマスと同じかもしれない。今では、クリスマスは家庭で静かに過ごすような風潮になって来ている。

続きを読む

posted by signs at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

化石は数週間で出来ていた!

ツノガイの化石


化石は何百万年もかかって出来た、と思っていませんか?
なんと数週間で出来ていたのです。

続きを読む

posted by signs at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9.11の現場から出てきた聖書 驚くべきメッセージが

貿易センタービルから見つかった聖書


2001年9.11 米国の世界貿易センタービルが破壊された。瓦礫の中から消防士が鉄の塊に焼きついた聖書を発見した。そこには驚くべきメッセージがあった。

続きを読む

posted by signs at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。